アコーディオン弾き 岩城里江子のブログです。
ライブ情報・プロフィールはリンクよりHP「らくん家」へどうぞおいでください。
岩城里江子誕生日3デイズライブ
ご無沙汰しております。

去年のカミーノ700キロ歩きに続く次なる旅として、

お誕生日にかこつけた真夏の3デイズ4ライブをやらせていただくことになりました。

ライブはいつも旅のようです。

だれとどこへ行くか。何と出会えるか。何が新しく見えるか。

どのステージも、私の大好きなすばらしいミュージシャンやアーティストとの、

この夏にしかできないカラフルな旅時間です。

日暮里から25分、柏駅東口すぐのスタジオウーで旅をご一緒できたらうれしいですー!

どうぞよろしくおねがいいたします。

8月1日(火) 《ホームレスのラブソング》  
18時半開場 19時半開演
岩城里江子/acc × オラン/vo,acc × 小林徹也/vo,g × Sunny Cloudy/写真  

8月2日(水) 《『もんしぇん』の撒いた種》  
18時半開場 19時半開演
岩城里江子/acc × 玉井夕海/vo,pf,acc × 松尾嘉子/vln × 北井あけみ/人形遣い

8月3日(木) 《バスに乗って》 13時開場 13時半開演
楽香/おはなし,acc × emullenuett/ サンドアート

8月3日(木)★《千秋楽打ち上げ投げ銭ライブ みんな飲みに歌いに弾きに来てね!》
渡野辺マント&モンドコンボ 19時開場 19時半開演 ※投げ銭※セッションあり 
渡野辺マント/pf,vo クラッシー/perc,vo 原田信一/bass.vo 江野尻知宏/Drum,vo ノラリクラ太郎/cl. vo 岩城里江子/acc.vo  

チケット(8/3夜の★ライブのぞく) 
1ステージ 2500円(予約) 2800円(当日) 
2ステージ 4500円(予約のみ)
3ステージ 6000円(予約のみ)
中高大学生 1ステージ2000円 小学生以下無料
※各回1ドリンクの注文をお願いいたします。

会場・予約・問合せ 柏スタジオウー(柏駅東口3分 ヨーカドー向い)
柏市柏1-5-20 プールドゥビル 5F TEL04-7164-9651

詳細こちらです。

http://rakurie.wixsite.com/raku-house/3days

 

 

posted by イワキリエコ | 11:49 | おしらせ | - | - |
3/16のお話会

おもしろいことだらけで

あまりブログ書けてないのですが

最近思ったこと。

 

この頃ご一緒するミュージシャンさんたち

なんだか陰陽でいうと陽っぽい方が多くて

一緒にやっているとほっとします。

音楽って音を楽しむものなんだなあって改めて思ったりして。

私自分の気は陰が強いのかなあって思ってたんだけど

最近、あれ?ほんとは陽寄りなのにいろいろくっつけてしまってただけなのではないかと

(いやもちろんみんな陰陽どちらも大切だし持っていると思うのだけど)

今は明るい方に顔を向けていたいこの頃。

 

カミーノを歩いたことが

じわじわと自分を開いている気もします。

すごいなあ、カミーノ。

 

 

さて。

そのカミーノのお話会を

柏まちなかカレッジさんのお誘いで開くことになりました。

もしよかったら遊びにいらしてください。

南欧風のお料理のお店だそうです。

トルティーヤとか食べながらとか、すてきですね。

気軽な会なので、ぜひ!

アコーディオンも持っていこうかな。

 

カミーノについてのことは

このブログでも「カミーノFacebook巡礼記」のカテゴリーで

報告しております。
興味のおありの方はぜひご覧ください。
ご面倒なのですが、このカテゴリーを古い方から読んでいただくと時系列に並んでいます^^

 

まちなかカレッジの山下さんのご紹介分転記させていただきますね。

 

>3月16日(木)@柏ピーカーブー 

>アコーディオン演奏者の岩城里江子さんが、昨年、

カミーノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)と呼ばれる巡礼の道を

約40日かけて歩いてこられました。

 

私、山下も中学生時代に小説を読んだこともあり、憧れの旅でした。

直接、岩城さんからお話をお聴きしたところ、カミーノにまつわる知識や情報を越えた、

歩いた人にしか語ることのできない内容でした。私だけでお聴きするのはもったいないもので、

ぜひ柏まちなかカレッジでもお話しいただだきたいとお願いして、実現しました。

 

会場は、南欧風のダイニングバーです。全国各地の美味しい地ビールがそろっています。

 

自分の生き方などを考える機会になると思います。ぜひ、ご参加ください。

 

お話 岩城里江子さん

日時 2017年3月16日 19時30分から(21時ころ)

場所 ピーカーブー (Pee Ka Boo)柏市柏3-7-19 早川ビル 1F

参加費 500円(※飲食は、各自ご注文下さい)

 

※岩城さんが、Kストリームでもカミーノのお話をされています。

http://www.k-stream.jp/?tubepress_item=2_BcG1vfXjE&tubepress_page=1&title=柏の葉kst+2017.2.21+大瀬ゆうこのおいしいサロン%21+ゲスト

posted by イワキリエコ | 15:50 | くらしのこと | - | - |
音楽の形をしてる魂の交流

昨日のこのステージを目の前で見てた

ギター弾きのみたぽんがほんとに羨ましい。

彼女の言葉を引用。


>全くタイプの違う音楽家の奇跡的なセッション。
音楽っていうのは、魂というか、エネルギーから出来てるんだということ。
目の前で起こる魂の交流に会場はみんな飲み込まれてしまった。
本当に美しいものをありがとうございます。この体験は一生消えないわ。

 

posted by イワキリエコ | 08:51 | くらしのこと | - | - |
マントさんとライブ

さて

3月5日の日曜、柏ナーディスで

渡野辺マントさんとライブさせていただくことになりました。
旅日記を読んでの「帰ってきたらライブやりません?」

とのお誘い(もちろん私のアコなど聴いたことがない)に、

「上々颱風のマントさんだ、わーい!」と、

帰ってしばらくしてから楽器を抱えて

のこのこ遊びに行ったのがきっかけでございましたが、

スティールパンやらアフリカの木琴やらいろんな楽器を引っ張ってきて

無邪気に叩きまくる姿と、きっぱりと明るく笑っている音に、

ただただ心服する私なのであります。
日曜なので、18時45分開場、19時半からスタートします。
お待ちいたしております。

http://www.knardis.com/knardis.com/Live_March.html

 

posted by イワキリエコ | 22:22 | おしらせ | comments(0) | - |
最近のこと

いろいろあってずっとコメント欄を閉めていたのですが

最近フォームを変えたらまた一部復活しておりまして

これを機に開けてみることにしました。気が向きましたら〜

(しかしあちこちいじったらサイドのコメント欄がどうしてか消えてしまった・・・)

 

さて、最近。

思いがけない場所やタイミングで会えた人達とお互いに種を撒きあっている感。

今までわからなかった誰かの美しさにはっとすることが多いです。

隠していたのか隠れていたのかわからないけど

みんなそれぞれの素晴らしさを

遠慮せずのびのびと発揮するだけでよいのだなと思う。

 

 

先日は、インフルで倒れたバイオリンの相方さんのピンチヒッターとして

デンガクズこたつさんの、重度障がいの方たちへのステージに急遽立たせてもらいました。

たくさんのお客さま。すこしざわざわしているホール。

と、冒頭の曲順を急遽変更して、こたつさんがオリジナルを数曲。

知らない曲。

聞き入る人。

そのうち一緒に声を出す人。

その不思議なシンクロ。

拍手。

 

通じた。

 

音を出しているけれど、やってることは音のことだけじゃないんだなと思う。

どちらかというと、そちらの方で響きあえる気がする。

あ、昨日、一曲youtubeに上げましたよ、と彼から連絡がありました。

 

 

その後、着付師の荒生さんのところへ。

荒生さんはずっと着物の仕事をしてきて、とにかく着物を愛している。

着物とのご縁の深いおうちでもあるそうだ。

そしてこの子たちに日の目をもう一度、とこつこつ集めた大事な着物たちをひろげ

今度のイベントで着る衣装を選んでくれた。

ためすためすためすためすためすかんがえるかんがえる

えらぶ!

しあげる!

まあ、これが。

当初の予定とはずいぶん変わって着地!

とっても素敵。

大正の着物をワンピースみたいに着ることになった。

先日晴着の着付けをしてもらった娘も言っていたけれど

荒生さんの着付けはまったく苦しくないのだ。

いちばんに着る人のためのうれしい着付け。

 

 

ここでもやっぱり着付けをしてもらって着付けだけでないものをいただく。

 

いただいて、なにかが少しだけ変化する。

 

posted by イワキリエコ | 09:44 | ステージ報告的な | comments(0) | - |
「音楽を楽しいものにしておきたい」

・・・とは

先日、お仕事でご一緒したギターの黒川さんの言葉。

メジャーで活躍された後、家業の傍ら音楽活動を続けて来られた彼。

 

なんだかよいなあと思いました。

 

自分以上でも自分以下でもないちょうどいい距離感。

追いつめられず、追いつめず。

 

今私も自分の身の丈以上の音楽活動ペースから手を離しているところ。

日常がほっといとおしいです。

ありがたいな。

 

とかいいながら明日もライブです。

 

1月27日(金)松戸カフェ&バル「類」

菅原 智明、ニコラ カレ(g)

 

ジプシージャズやミュゼットなど

ひさしぶりのジャンル。

私アドリブとかばんばん回せないけど

ゲストでちょこっと絡ませていただきます。

美味しい料理とお飲み物と一緒にお楽しみ下さい♪

19時スタート、投げ銭

https://tabelog.com/chiba/A1203/A120302/12033307/

 

今後はこんな感じ

2月11日(日)百合丘子ども文化センター 楽香ライブ
 

2月26日(日)new  柏絵本いけばな展 読み聞かせイベント(高野涼子さんと)

 

3月5日(日)柏ナーディス 上々颱風のマントさんとついにデュオ??

3月11日(土)自由が丘 マリア展

3月14日(火) 上野Qui  伴海さんのシャンソンと

 

3月18/19日(土日)八千代市民ギャラリー 楽香

 

どれも楽しみだな。

またどこかで遊びにいらしてください。

posted by イワキリエコ | 23:53 | おしらせ | comments(0) | - |
カミーノ音楽報告会@ワインバーJAVIN

日曜のJAVINカミーノライブ、

たくさんお越し下さってありがとうございました。

 

FBの「夜明け動画」をみんなに再生してもらっての

演奏スタートとか(ジャバンが森に!)、
コピーしたミサ曲で、ミニボタフメイロを

カミーノ火付け役の朋子さんに振ってもらったりとか(ようやく約束が…)


「お話半分で」というマスターのオーダーに助けられて

「音楽報告会」として湧いてきたオリジナルのアイディアを、

わくわく全部やっちまいました。準備も楽しかったなー。
打上げの乾杯がとてもおいしかった。マスター、ありがとう!

 

>あの場にいるみんな(それぞれの日々のカミーノを経て)

あの瞬間にあそこに集まっているのが奇跡みたい。
ってライブ後いただいたメールにありましたが、

当日急に来れなくなった方の代わりのように、

別な方がふらりと現れてくださったりしてそれも不思議。

 

その日の朝に読んだ「すべてはベストタイミングである」という

魔法の言葉を今かみしめております。

 

posted by イワキリエコ | 23:33 | ステージ報告的な | comments(0) | - |
スルーハイカーの舟田靖章さん

週末は『八郷夢起こしの会』主催のスルーハイカーの舟田さんのお話会で

つくば八郷の朝日里山学校へ。

講演の途中、広々と気持ちのよい旅の写真を流しながら

アコーディオンを弾かせていただいた。

 

舟田さんは今34歳。

さりげなく景色に溶け込んでしまう肩の力の抜けた好青年であるが

アメリカの3大長距離トレイル15000kmを完歩した称号

「トリプルクラウン」を日本人で初めて手にしたお人である。

 

このトレイル、カミーノみたいにアルベルゲがある訳でもなく

黄色い矢印がずっとゴールを教えてくれる訳でもない。

途中町に下りては3日分くらいの水と食料を探し、

よい場所を見つけては低い雨風を凌ぐ屋根だけのテントを張り

地図とコンパスを片手に道無き道を行く旅。

美しい自然の中の一人きりの時間が何より幸せだったと言い切った。

 

こんなに歩いてどんな悟りを得たかと皆に問われるけれど

歩いている時に考えるのはそんな大げさなことではなく

よい寝る場所と食べ物の確保と今どこ歩いているかだけなんですよと笑う。

 

一本目のPacific Crest Trailを歩いたあとの

トレイルロスの中思い至ったのは、「もっと歩きたい」だったそう。

結局、3本全部歩いた後に思ったのは、

「自分にできること」ではなくて「自分ができないこと」。

土地に責任を持たず旅人が旅をできるのは、

責任を持つ誰かがその土地を整え、誰かが食料を作ってくれるからだと。

 

シンプルでいかにも使いやすそうなナップザックもテントも

何でも美しくミシンで作ってしまう舟田さん。

(ちなみにこのシャツもベストも手作り、ベストは毛を紡ぐところからだって)

「コレを買わなきゃ」という固定概念はどんどんいらなくなるという。

衣→食と自然な流れでその後は農業の方に移行され、結婚され、

今は「暮らしの実験室・やさと農場」で働いて、すてきなご家族と暮らしている。

 

一番勇気が必要だったのは、サラリーマン時代

上司に「歩きたいので会社やめます」と言い出す時。

仕事で指に大怪我をして「人生はいつ終るかわからない」と思ったからだそうだ。

誰でもどこかで覚悟を表明しなくちゃならない。

でもその先に、本当に望んだ人生があるんだと思う。

 

関連URL

http://thetrailsmag.com/archives/1769

http://thetrailsmag.com/archives/1777

 

 

むかし小学校だった場所での今年の弾き始めは、とても素敵な時間でした。

posted by イワキリエコ | 22:42 | ふれたもの | comments(0) | - |
できるときは一瞬

最近思うのだけど

何かものができるときは

一瞬である

 

今日『Drop in Camino』という曲(仮)がしゅるしゅるできた

わーいわーい

 

でも時を逃すともうきらめきが戻ってこない

 

キター!!!!!!という時に

前からの約束でも反故にするくらいの気概を持ちたい

なかなか難しいけどな

 

posted by イワキリエコ | 22:45 | くらしのこと | comments(0) | - |
ダウンからのアップ

お正月は家に籠って家族とゆっくり

三が日明けは湘南鎌倉方面

マリア様みたいな友達と海に落ちる夕陽を見て

菩薩様みたいな友達と青龍の話をして

朝の神社みたいな友達の家で仲間達と夜の新年会

のあとのチャーミングなエルメート・パスコアール

初詣はこれで十分ぐらいのありがたさ

 

「朝の神社」友達宅の新年のしつらい

美しいなー。

彼女の染めたり織ったり捏ねたりした作品が好き

 

おもしろくてテンションが上がり過ぎたのか

彼らの愛溢れるパワフルなエネルギーにあてられたのか

韓国垢擦りで風池までこすってしまったのか

その後はお約束の風邪

次女の成人式も終わり

親しい友人とゆっくり思っていることをシェアできて

ようやくなんだか静かになってきました

 

年明けにSONGSの録画を見てから

宇多田ちゃんブームが再来しております

誰しもその人の質感を持っているだろうけど

「自分の気持ちに正直でないことが不謹慎」と言ってた彼女が

時間をかけてもういちど手に入れた自由な魂を

私の細胞が欲しているのではなかろうか、と

何度も聴いて思う

 

惹かれるものと深く関わると

自分も否応なく変化する気がする

 

 

 

posted by イワキリエコ | 13:23 | くらしのこと | comments(0) | - |
Search this site