Search this site
ライブ情報・プロフィールはリンクより「らくん家」へ
いってきますー!

馬瀬の野原のミュージアムで

ラクマーヤの幕間に一度だけふわっと撮ったものを

YouTubeにあげてみました。

よかったら聴いてくださいまし。

人形劇『水脈』の劇中でもおばあさんがおじいさんのことを回想するシーンで弾いています。

https://www.youtube.com/watch?v=xToR-BJEI0I

 

 

 

 

あの馬瀬川の公演、旅も、ほんとにたのしかったなあ。

ナナ子さん、みなさん、ほんとにありがとうございました。

 

 

 

さて、本日出発です。スペインの旅はどんなふうになるかな。

行ってきまーす!

 

posted by イワキリエコ | 13:11 | 日記 | - | - |
2016夏

7月、8月あっという間でしたねー!

 

歩いて、汗かいて、

勉強して、(冷や)汗かいて

弾いて、汗かいて(ちょっとこちらは控えめ)

 

考えれば汗ばかりかいておりましたこの夏。

 

それでも先週までで演奏もぜんぶ終り

反省は多いけどまあそれでも弾くのは楽しく、

聞いてくださったみなさま、共演してくださったみなさま

ありがとうございました。

 

柏ワインバーJAVINでの伴海さんとの初デュオ

神楽坂セッションハウスでのギャラリー演奏。

ラクマーヤは野原のミュージアムのスカラベホール(と私が勝手に呼んでいる)のこけら落とし

お初の柏の葉でのサマーフェスは夕暮れの時間に。

坂ノ下典正さんとなめちゃんのライブに飛び入り、

おなじみ楽香のお寺ライブや藤本君のマリンバとのイオンモールでの演奏

これもまたおもしろかったなあ。

最後は一番近くのカフェでの伴海さんと若林さんとのトリオ。

 

 

今年もよい夏でした。

そしてぜんぶライブが終った翌日
日本カミーノ友の会主催の「巡礼者送り出しの祝福の儀」なるイベントへ行ってきました。


単身赴任の夫も両親もまだまだ元気、娘たちも手を離れ、スケジュールもちょうど空いている。

「行くなら今!憧れの単身カミーノ&バックパッカーにビッグチャレンジなのだ!

人生の夏休みだ!!」などと鼻息荒く準備を進めて来たけれど、

出発が近づくにつれ、笑っちゃうくらいの見事なカミーノブルーに(とほほ。
募る不安、小心者&ビビリ度急上昇、何も手に着かず、我が器の小ささにあらためて呆然。


さて、イベントでは六本木の教会でおミサに預かり、

祭壇の前で一人一人いつ出発するかなど宣言して送り出され、その後は予定者たちでわいわい情報交換。

ホッとして少し緩む。同じ頃に歩く方とのうれしい出会いもありました。向こうでも会えたらいいな。
改めてカミーノは祈りの道なのだと再確認して来た次第です。
もはやお任せして、流れの中で行けるところまで、ただ右足と左足を交互に出すのみと思うに至る。

 

 

たくさんの人からいただいた手作りのものやおまもり、それから雑貨たち。

なんだろうなあ。

いろいろな人たちが惜しみなく力を貸してこのおばちゃんのチャレンジを応援してくれているんだな。

ちゃんと受け止めきれてないこともあるかもしれないけれど、急がなくていい気がして来た。

歩きながらゆっくり味わってこよう。

 

 

 

 

posted by イワキリエコ | 11:48 | 日記 | - | - |
天の岩戸開き?
残暑お見舞い申し上げます。
久しぶりの更新、帰省のあれこれなど書いてみます。
思いがけないこと満載の旅でした。
※※※※※※※※※※※※※※※※※

青いかわいい車が新しくやって来たので

今回の岡山への帰省は、車で向うことにしました。

明け方に出発しようと言っていたのに

不思議な夕焼けに誘われるように22時半には出発。

高速がスイスイすぎて

「このままだと明け方に着いてしまうから伊勢に日の出見に行こうか」と夫。

3年前の同じ日に夫婦岩から家族で日の出を見たことがありました。

「うひゃー久々のお伊勢!」と俄然盛り上がる心。

伊勢湾岸道から新名神にちょうど入る手前だったので、そのまま南へ。

 

と言いながら、英虞湾の日の出も見たいね、と途中で行き先変更。

英虞湾に着き、見晴し台に向うと真っ暗。

コーヒー飲みながら待っているとじわじわあかるくなってきました。

やっぱり日本の誇る絶景なんだなあ。

雲の上に出たお日さまを見届けて伊勢神宮へ。

 

外宮の鳥居でご挨拶した後、内宮へ。

3年ぶりのお伊勢様はやはり凛と美しく

ちょうど朝のお勤めの神職の方たちの行列と行き合い

あまりにきれいで、写真撮ってすみませんと心で思いながらパチリ

←ここ好きなんです。

そして一路岡山を目指します。

なつかしい家、顔、おいしいご飯食べて早速爆睡。

目覚めると妹親子が帰省してかわいい甥っこ姪っことじゃれる。

ついつい寛ぎすぎてしまう夫の実家・・・

 

その実家がある玉野市に、私は高校の3年間住んでいました。

瀬戸内の島がたくさん浮かぶおだやかな海の町です。

これは実家にも近い金甲山の展望台から。

この山は国生み神話に出てくる児島第一の霊山とも言われていて

展望台に自然石を祭壇とする原始信仰の名残の小さな祠や岩があることを今回初めて知りました。

ここから見下ろすと、イザナギとイザナミが天の橋にたち

矛で混沌をかき混ぜ島を作ったという神話がなんともぴったりな感じであります。

 

牛窓のオリーブ園へドライブに行って

フェリーで瀬戸内国際芸術祭の犬島へも渡りました。

岡山では一般的な懐かしい焼き板の黒壁。

海の近くの家の佇まい、におい。

懐かしいなあ。

その中にしっくり馴染むアートたち。

長い時間かけて育まれた素朴な暮らしの場で映える。

夜になれば妹一家も集まってわいわいごちそういただいたり、ゲームしたり、

あっという間に楽しい帰省はおしまい。

みんな元気で何よりうれしい。

 

さて、岡山からは娘が住んでいる金沢へ向いました。

18時半に仕事の終わる娘を拾って白山温泉に一泊旅行の予定。

タイトな時間に遅れてはならんと朝ご飯のあとすぐ岡山を出発したらば

これまた道はスイスイで、突如少し遠回りして

一度行ってみたかった天橋立に立ち寄り決定。

 

途中ネットでいろいろ検索。

松島、宮島と並ぶ日本三景の一つ。

へー、天橋立は龍の形をしているんだね。

あ、籠(この)神社ってのが近くにあるみたいだよ。

龍つながりなんだねえ、ここに行ってみよう、お昼食べてリフト上って天橋立見よう!

(注:籠はカゴ。龍ではなかった…。ああ勘違い。老眼怖い。)

 

籠神社奥の駐車場に車を停めると

すぐとなりに、奥宮の「眞名井神社」の縄が貼ってありました。

なーんとなく「ここに行かねば!」と俄然盛り上がる心第二段!!

田んぼの道を通り、山道を上ります。

 

たった数分でどんどん山の気が濃くなります。

眞名井神社に着いてびっくり。

思わず背中が伸びてしまう凛とした空気に、渋々つきあって来た夫もビックリ。

ご本殿奥の磐座がこれまたすばらしかった。

こちらには、お伊勢外宮に祀られている豊受大神が鎮座されていたという。

「天照大神が伊勢にいらして、ここでは満足な食事ができないから

 豊受大神を呼び寄せよといって外宮を作られた」と

その後ランチを食べたお店のちらしに書いてありました。

そういえば、籠神社は元伊勢籠神社、と書いていたっけ、と今頃iPhoneの画面を思い出す私。

籠神社もとてもすばらしい神社でした。

 

しかし伊勢神宮からの元伊勢神社・・・

予期していなかったこのふたつの神社巡り。

なんだか出来過ぎ。

 

その後リフトに乗って傘松公園から天橋立鑑賞。

これまた絶景。

 

股のぞきってのが有名で台まであります笑

 

さて、金沢駅で無事娘と落ち合い、一路白山温泉へ。

社会人になったばかりの娘と夜更けまで熱く語らうお布団の中。

 

翌朝は近くの白山比め神社(しらやまさん)にお参り。

何年か前に友人ととんぼ返りでお参りしたこの神社の近くに、

娘が住むことになるとは・・・

ご縁だなあ。

こちらイザナギとイザナミを仲直りさせたククリヒメがご祭神ということから

縁結びの神さまだそうで・・・

 

相変わらずの参道の清らかさ。

 

さて翌日には娘とも別れ、戸隠へ。

オリンピックを見ていたら、九州の友人はるちゃんから

りえさんと同じ動きをした人のブログを見つけたよ、とのメール。

HAPPYちゃんという方の「金沢で天の岩戸開き」というタイトルのブログ。

「金沢の講演仕事の前になんだか行かねばならない気がして伊勢に詣り

その後のなにもかもが予定外ながらすばらしかった。

見えない世界があるって信じておまかせしなさい」というおはなし。

(だいぶはしょってますすみません。興味ある方はググってください)


いやほんと、こんなに神社ばかり

お参りするなんて思ってなかった今回の旅ではあります。

まるでスペインに行く前に、ご縁のあった神社に次々ご挨拶してまわっているよう・・・。

そうなのか?

 

 

翌朝は、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社参拝へ。

戸隠神社といえば、

>その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、

現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、

祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。

 

あちゃー!!またまた岩戸開き。

 

車で入れない奥社への杉の木の続く気持ちのよい参道をはじめて歩きました。

新しいトレッキングシューズで山道を歩くのも初めてです。

最後の奥社への坂は結構急で

へえへえ言いながら上る私。

こんなんでカミーノ歩けるのかよ、、、と思いつつ

奥社で「カミーノ完遂!」というお札を納めてきました。

よろしくです。天手力雄命様(天の岩戸の扉を開いた力持ちの神さま)

 

でもね、ハッピーちゃんのブログじゃないけど

なんだかもう受け入れる心で

信頼して直感に従っていけばなんとかなる、と薄々わかっているのです。

んむ?わたしの天の岩戸も開いて来たのか?

最近、生き方にも在り方にもひしひしと変化を感じる。

 

ともかく今回はたくさんワクワクしたな、周りの人たちもみんな笑ってたな。

今は単純にそれがいちばんうれしいのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by イワキリエコ | 11:38 | 日記 | - | - |
7〜8月の予定 すっかり遅くなりましたが・・・
そして、当面の予定、出揃いました!

遊びにいらしてくださーい^^

今月来月は、シャンソンに、水脈に、楽香、マリンバ
そして、初の柏の葉でのフェス参加!!!(なんかくすぐったいな)
ぜひおたおたしているだろう岩城に愛のご声援を!

 

 

7月3日(日)

柏ワインバーJAVIN

浜砂伴海(Vo)

19時〜 ※終了!

 

※12日池之端Quiでの浜砂伴海コンサートは中止になりました。

 

7月16日(土)​

神楽坂 セッションハウスガーデン

巴里祭に寄せたアート展
イベントミニライブ ソロ

17時半〜

 

7月18日(月/海の日)

岐阜 下呂 野原のミュージアム

ラクマーヤ

「水脈」

14時〜/17時〜

7月23日(土)

柏の葉SUMMER FES

柏の葉キャンパス駅西口KOIL付近

(タリーズコーヒーが目印)

17時〜

 

8月21日(日) 詳細未定

 

​8月23日(火)

柏大洞院  楽香

​14時〜

 

8月26日(金)

​柏カフェユニオ 浜砂伴海(Vo) 若林竜丞(Dr.)

18時〜

 

posted by イワキリエコ | 23:59 | 日記 | - | - |
おやおやおやおやおや

久しぶりにこのブログを開けたらですね。

なんと最後の更新から3ヶ月近く経っておりました。

書いてないなあとは思ってたけど自分でもビックリ。

そして今その間もブログを見てくださっている方の数をみて絶句。

気にしてくださってありがとうございます。ほんと。

 

この3ヶ月、いろいろありました。

大事な人がたくさんいる熊本の大きな地震直後にはバンドネオン発表会がありました。

今年の頭に決めた曲を、不安や心配が起きるたびに祈るように練習したのに

本番ではあえなく崩れたり、

ゴールデンウィークの前後のコンサートがいくつかとても親密でよい時間になったり、

娘が一人家を離れてその生活にも慣れてきた中での、知り合いの若いお嬢さんの訃報、

そしてアコーディオン教室の第一回発表会・・・。

 

ほんとうにいろんなことがありました。

そして気を張って過ごした時期を過ぎたら一気に気が抜けました。

充実感とともに今まで必死に追ってきた目標をちょっと見失ったかのようなさみしさ。

 

獅子座のワタシ、

ここからまた今までの夢の続きを追っていくのか

あたらしい夢を見つけるのか

↑これは某シイタケ占いの受け売りですがw

しばらくうんうん考えていたのですが。
6月に入りいろんなご縁が繋がって
ずっと前からいつか行きたいと思っていた
カミーノ巡礼に行こう、と決めました。
無理だよ、であきらめない。
今日が一番ワタシが若い日。
毎日が、輝きだしています。

 

posted by イワキリエコ | 22:24 | 日記 | - | - |
遅まきながら4月の予定

3月ばたばたと娘たちの転機の春でした。
心配するより、もう大丈夫だよと背中を押してあげたい。
自分もあっちへぶつかりこっちへぶつかり、誰かに助けられてきたんだもんなあ。

4月頭の大阪での人形劇の公演は
高校大学の同級生や後輩や音楽で知り合った知人も来てくれて
新しく出会った人がいて
過去と現在と未来が交差する賑やかな点みたいでした。

さて、ブログでも今月の告知等
HPが見られないガラケーのみなさま、遅くなりました!
(↑このあいだ私のことでしょうと突っ込まれましたw読んでくださってますか〜?)
お時間ありましたら


4月23日(土)
 
一曲参加した藤本亮平さんのマリンバのCD「Marimba Forest」発売記念のコンサート

楽しさとテクニックのつまったすばらしいアルバムなのですが
今回はCDに収録した曲を全曲演奏予定だそうで。
もう一人の共演者はマリンバの鈴木彩ちゃんです。
会場は、利根川沿いにある、竹林の中にある蔵を改装したギャラリー。
とても穏やかで優しい響きのする場所で私も一枚目のアルバムはここで録音した場所。
この時に録った「ヘーザムに降る雪」も今回スペシャルバージョンでお届けします。
マリンバ連弾とアコーディオンが織りなす、森の世界、是非!
 
♫藤本亮平「Marimba Forest」発売記念 蔵のコンサート♫
 
午前の部/開場10:30 開演11:00
午後の部/開場14:00 開演14:30
〜会場〜 ギャラリー平左衛門  流山市東深井431 
東武アーバンパークライン運河駅東口より徒歩5分
〜入場料〜2000円(飲み物付)
〜出演者〜
Mar.藤本亮平
Mar.鈴木彩
Acc.岩城里江子
〜プログラム〜
・Alla Turka Jazz
・今日の料理〜地中海編〜
・愛の讃歌
・哀愁のミュゼット
・太陽の子どもたち
・愛燦燦 ...他
   


4月29日(金・祝)
毎年GWには弾きに行く、鎌倉の路地フェスタ
そこでいつも行われる「鎌倉歌の市」
番外編で今年は音の市。
大正の匂いのする古い大きな家、西御門サローネでのコンサート。
折しも昭和の日。
急遽決まりましたが、とても楽しみにしています。
http://khaju.cocolog-nifty.com/kamakura_rojifesta/2016/03/post-5192.html
 
17:00 開場 17:30 開演
岩城里江子アコーディオン・ライブ 〜場所の記憶〜
鎌倉市西御門1-19-3
西御門サローネ 
※ご来場の際は、公共の交通機関をご利用ください。
JR鎌倉駅東口5番乗り場から京急バス「「大学前」下車、徒歩10分。
所要時間約20分。

【チケット】 前売 ¥2,500 当日 ¥3,000
※未就学児童はご入場いただけません。
■チケットご予約 / お問い合わせ■
・岩神六平事務所チケットオーダーフォーム・
メール(鎌倉路地フェスタ事務局)・046-876-0712(岩神・留守電対応)
・0467-23-3663(鎌倉路地フェスタ事務局)
※会場が手狭なため50名限定とさせていただきます。
事前にチケットをご購入ください。
【主催】:岩神六平事務所【共催】:鎌倉路地フェスタ実行委員会
 
 
 
 

posted by イワキリエコ | 08:20 | 日記 | - | - |
マリアさまの繋いだ奇跡のご縁
先日の閏日には友人たちと、
武実逢人さんの『奇跡のマリア展』で表参道ペリーハウスギャラリーへ。
今回はフランス、イタリア、ポルトガルのマリア様の写真展です。
日の差し込む真っ白なギャラリーには途切れる事ない来訪者、
プロデュースもされてるご縁の結び手、恭子さんがにこにこお出迎え。
マリア像のほほえみとよい香りの中、
会場奥まるほどにしっとりしたくつろぎが濃くなって、
写真の前でつい手を合わせてしまう。

神々しく、しかも会場あちこちで偶然の出会いや再会が多かった故に
「マリア聖堂」とも呼ばれていた、一昨年暮れの溝ノ口のマリア写真展で、
たまたま持ってたアコ弾いたからなのかなんなのか、
去年は、行く予定もなかったバルセロナに春に行けることになり
磔のキリスト様の復活祭行列にばったり遭遇したり、
秋にはもうお会いできないだろうと思っていたシスター渡辺に
母校で演奏させていただく機会をいただいたり
急に教会ともご縁が深くなったような一年でした。

バルセロナの後に行ったパリでは、
待ち合わせしていた撮影中の恭子さん武実さんご夫妻とどうしても会えず、
その代わりのように、宿の近所に住むアコーディオン弾きのりえちゃんが
スーパーでバッタリ会って連れてきてくれて在パリの陶芸家みっちゃんとご飯を食べました。
みっちゃんは今、日本に帰省していてマリア展の会場で一緒にお喋り。
そうそうりえちゃんちではみっちゃんと共通のお友達の
イラストレーターのなみちゃんとつぐちゃんの話題で盛り上がったんだった。
そのなみちゃんも一緒に会場でおしゃべり。
何が何やらご縁はつながる、ぐるぐるぐるぐる。

一緒にいった楽香のきょうちゃんのおとうさんと、恭子さんのおとうさんは元同僚。
これもある日ぽろりと判明。

会場では紹介された方が
大野さんの関係で10年以上前に知り合った大道芸の源吾郎さんと判明し
のりちゃんやきょうちゃんとこれまたビックリ!

マリア様、すごいわ^^


さて週末はみっちゃんや、
みっちゃんをパリのりえちゃんと繋いだコクリコさんたちの展覧会で楽香ライブです。
素敵なお店みたいでとっても楽しみ。
作品も品揃えばっちりのオープニングライブですから。
森ノ奥深ク、というタイトルに誘発されて
楽香も新しい作品を作りました。曲も書いてます。

バブーシュカ(下北沢)
『Au fond de la foret〜森ノ奥深ク』
四人展ライブ
14時より 1drink付2000円
お申し込みtel. 03-3412-7277

posted by イワキリエコ | 23:55 | 日記 | - | - |
楽香なんとか復活!

先日、楽香で毎年呼んでいただいている百合丘こども文化センターへ。
毎年の手作り看板!いつも見るとニヤニヤしちゃう。

今回、結石手術&インフル明けのきょうちゃん、ぎりぎりまで体調見ながらの参加決定、
岩城は突発性難聴完治せずで耳栓しながら演奏とそれぞれヨレヨレ。

しかしいったんライブが始まれば、二人の中になぜか無尽蔵に湧き出すハイテンション。
「きょうちゃんはおなかに石ができちゃってねえー!取ったんだよ。大人だって痛いしこわいんだぞー」
と初めのトークから子どもを脅す、いや熱く訴えるきょうちゃんに子供たちビビリながら食いつく。

「バスに乗って」も長い難しい話なのに、しっかり聞き入ってくれる子供たち。
おかあさんが膝に乗る子どもをぎゅっと抱く。ぎゅっとなる。

そのあとわたしも子供たちの輪の中に入り込み、一緒に音を出したり演奏したり。
小さい子が逡巡の後におそるおそる手を伸ばしてきたりすると
胸で小さくガッツポーズ。
音が出ると目がぱちっと見開き、うわあってびっくりが顔に出る。
もう、かわいいったら。

そして今回は、
みんなに色とりどりの小さな紙飛行機も折ってもらいました。
曲の最後、きょうちゃんの合図でみんなにステージに向って飛ばしてもらったら
ピンクや青や緑の紙飛行機がいっせいにこちらにむかって飛んできて
予想以上に綺麗で、そのむこうにうれしそうなみんなの顔も見えて、
うわあっとちょっと感動してしまった。役得だ〜


控え室でお茶を飲んでいてふと顔を上げると
きょうちゃんのだんなさま、みっちゃんが本を開いていて
きょうちゃんは見本の紙飛行機を一生懸命折っていて
その向こうの窓から見える青空がまぶしかった。

元気と勢いが取り柄の楽香もいろいろガタピシするお年頃。

呼んでいただいた場所で、二人並んでお話を物語り音語れること、
それはぜんぜんあたりまえなんかじゃないんだなあと今回つくづく思ったのでした。
いつまでふたり楽香できるのかな。
できるならゆっくりずっと。
 

さて、復活楽香
これからいくつかステージ続きます。
2月28日、柏ハックルベリーブックスイベント
3月6日、 下北沢パブーシュカ 楽香ライブ
詳細はこちらへ。

http://rakurie.wix.com/raku-house
http://raku-rie.jugem.jp/?eid=1037
この気持ち忘れず大切にやらせていただきます。
posted by イワキリエコ | 08:56 | 日記 | - | - |
おかえり
柏の街では、昔何度か参加した事のある「流」というイベントがあります。
マップを持ったミュージシャンがお店をまわり、そこにいるひとに即興ライブするという
いわゆる流し、であります。
しかし、楽器の運搬しながらの演奏はけっこうたいへん。
てことがあるのかないのか、
その仕掛人たちがここ一年ほど新しく始めた、
逆にお店を固定して、
1時間ごとにいろんなミュージシャンが演奏する、という
「風」というイベントが、今週ただいままさに進行中であります。
https://www.facebook.com/events/822995941156188/
素晴らしいミュージシャンが入れ替わり立ち替わりの投げ銭ライブ。

その一日めに、先だってうちにはじめて遊びにきてくれて
一緒におとあそびしたシンガーの智子さんと
「うたかたん」(うたかた+(アコーディオ)ン)という即席ユニットで
ひさしぶりに夜のライブしてきました。
会場のBar Bambooという素敵なバーは
壁も床も木でとてもよい響き。
弾いていて場と自分の境界がふわっとにじんでくる感じ。

ナーディスの常連さんたちや、
私の大好きな久々のシンガーさんたち
音と心が下心なく響き合ってる実感があって
なんていうか、柏の夜に帰ってきた感じがしました。

ただいま。


さて今回、私の耳を心配して、PAなしで歌ってくれた智子さんの歌は
昭和やもっと古い時代を引っ張ってくるような、
あるいはこちらをそこに連れて行ってくれるような声。

そして私の「おかえり」という曲にも詩を付けてくれました。
真夜中するする降りてきたらしい。
そういえば曲もまた、白馬の古民宿の広い座敷に泊まった夜、
ここで数限りないおかえりが繰り返されたのだろうなあと思った時に
ぱっとできたのだったなあ。


おかえり
             詞:柳田智子

   軒先にサンダル立てかけて
   風を通すのがあなたのクセ
   迎えはいらない、と言ったから
   タイムマシンに乗ったみたい
   薄日に煙る金木犀も
   いびつなまんまのガードレールも
   あなたと歩いた日と同じにおい
   いつも側にいてくれてありがとう
   凍りつく雪の朝も風が吹く日も
   あなたのほほえみがそこにある
   おかえり、とあなたの声がする
   サンダルそのままにしておいて・・・

本日の夕焼け
posted by イワキリエコ | 23:49 | 日記 | - | - |
IKAFLY LIVE
マリンバとパーカッションのユニット『イカフライ』の
藤本亮平CD発売記念ライブにゲストで呼んでもらった。
組み立てが終ってるはずの11時に会場のスタジオウーに着くと、
なぜかリハ真っ最中のはずのメンバー二人が
ビルの入り口で業者らしいおじさんたちに捕まっている。

なんでも二人は搬入中、
停まってしまったエレベータに閉じ込められ、

その間にも、救出後も
メンバーがマリンバ2台、パーカッションセットにドラムセット、
推定超300キロをあの紅い小さな螺旋階段で
えっこらえっこら5階のライブハウスまで運んだところであった。
エレベーターはまだ一階で調整中。
結局エレベーターの中のものも手で上に運ばれたらしい。
(ということでおじさんたちに事情聴取され中であった)


まだホールの床にパーツがぎっちり並んでいたが、
車を停め、買出しして戻った11時半前には
全てが超速で組み立てられて、
そこから超特急セッティング+リハ。

なんと12時半には開場、
13時には開演というタイトなスケジュール。

でもリハも控え室でも笑いが絶えない彼ら、タフだわー!


まだ復旧せず、螺旋階段を上ってこられた
70名を越える満員のお客さまも空中に長蛇の列。

暖かい日でよかった。

イカフライももう7年めということで、
マリンバの音が曲ごとに違う編成で
それぞれの人ならではの音やタッチの質感と美しいアレンジで響き合い、
的確なパーカスで膨らんで
ほんとに素晴らしかった。
MC最高。
いやー好みのラインナップ!
マリンバ二台とジェンベの入った拙曲「水脈」からも水がしたたってた。
汗っかきの藤本君は超熱演で鍵盤に汗がしたたってた(笑)
最後は歌も入って楽しさと笑いが波みたいに拡がった。

いやー打楽器の治療パワーすごいね!
リズムの海の中、蛇腹で漂わせてもらってから一夜明け、
なんだか滝に打たれたかのよな爽快感。


楽しい打ち上げ


さて、こちらが藤本君の新しいミニアルバム。パッケージもかわいい。
CDの中の文章、ちょっと楽しくお手伝いさせてもらいました。
イカフライあり、サックストリオあり、
マリンバデュオあり、ソロあり
あ!アコーディオンとのデュオもねw
とにかく表情豊かな素敵なアルバムです。
詳細は藤本君またはご近所の岩城までお問い合わせくださいー。(言づてします)
4/23(土)には、流山の平左衛門で
マリンバふたりとアコーディオンでの全曲ライブも予定されております。 
こちらもずずいと!


藤本亮平 / Marinba Forest  税込1500円(お買い得!) 

 
posted by イワキリエコ | 17:01 | 日記 | - | - |