アコーディオン弾き 岩城里江子のブログです。
ライブ情報・プロフィールはリンクよりHP「らくん家」へどうぞおいでください。
スルーハイカーの舟田靖章さん

週末は『八郷夢起こしの会』主催のスルーハイカーの舟田さんのお話会で

つくば八郷の朝日里山学校へ。

講演の途中、広々と気持ちのよい旅の写真を流しながら

アコーディオンを弾かせていただいた。

 

舟田さんは今34歳。

さりげなく景色に溶け込んでしまう肩の力の抜けた好青年であるが

アメリカの3大長距離トレイル15000kmを完歩した称号

「トリプルクラウン」を日本人で初めて手にしたお人である。

 

このトレイル、カミーノみたいにアルベルゲがある訳でもなく

黄色い矢印がずっとゴールを教えてくれる訳でもない。

途中町に下りては3日分くらいの水と食料を探し、

よい場所を見つけては低い雨風を凌ぐ屋根だけのテントを張り

地図とコンパスを片手に道無き道を行く旅。

美しい自然の中の一人きりの時間が何より幸せだったと言い切った。

 

こんなに歩いてどんな悟りを得たかと皆に問われるけれど

歩いている時に考えるのはそんな大げさなことではなく

よい寝る場所と食べ物の確保と今どこ歩いているかだけなんですよと笑う。

 

一本目のPacific Crest Trailを歩いたあとの

トレイルロスの中思い至ったのは、「もっと歩きたい」だったそう。

結局、3本全部歩いた後に思ったのは、

「自分にできること」ではなくて「自分ができないこと」。

土地に責任を持たず旅人が旅をできるのは、

責任を持つ誰かがその土地を整え、誰かが食料を作ってくれるからだと。

 

シンプルでいかにも使いやすそうなナップザックもテントも

何でも美しくミシンで作ってしまう舟田さん。

(ちなみにこのシャツもベストも手作り、ベストは毛を紡ぐところからだって)

「コレを買わなきゃ」という固定概念はどんどんいらなくなるという。

衣→食と自然な流れでその後は農業の方に移行され、結婚され、

今は「暮らしの実験室・やさと農場」で働いて、すてきなご家族と暮らしている。

 

一番勇気が必要だったのは、サラリーマン時代

上司に「歩きたいので会社やめます」と言い出す時。

仕事で指に大怪我をして「人生はいつ終るかわからない」と思ったからだそうだ。

誰でもどこかで覚悟を表明しなくちゃならない。

でもその先に、本当に望んだ人生があるんだと思う。

 

関連URL

http://thetrailsmag.com/archives/1769

http://thetrailsmag.com/archives/1777

 

 

むかし小学校だった場所での今年の弾き始めは、とても素敵な時間でした。

posted by イワキリエコ | 22:42 | ふれたもの | comments(0) | - |
『友だちと歩こう』
 


『友だちと歩こう』を観ました。緒方明監督の視点はとても低くて優しい。
えっちらおっちら必死に歩いているものの世界に広がる妙味をうるさくなく感じさせてくれる。
人との距離感にいちいちおたおたしなくてもいい。引き受けるときも突き放すときもあっていい。
大きな意味で友だちっていいなあとしみじみ思うのでありました。
ちなみに音楽はcobaさん。

トークショーもあるそうですよ。

ヒューマントラストシネマ渋谷
⦅緒方明監督と素晴らしき仲間たちトークショー⦆
【1日目】4/12(土)21:30時間前
「上映直前!監督・主演俳優による『友だちと歩こう』はこう観よう!」
ゲスト:主演俳優‣上田耕一×緒方 明監督 
渋谷での上映初日は、出演本数200本以上にして本作が初主演となる上田耕一さんと
緒方明監督による舞台挨拶を行います! 
posted by イワキリエコ | 08:25 | ふれたもの | comments(0) | - |
気になる。

この人の迷宮に入り込んでみたい。
うつくしい。

砂絵ならぬ塩絵の山本基さん

MOTアニュアル2010: 装 飾
東京都現代美術館

2月6日(土)〜4月11日(日)
10:00 - 18:00
月曜休館 (3/22開館・3/23休館)


行けるといいなー。

posted by イワキリエコ | 09:07 | ふれたもの | comments(4) | - |
木村伊兵衛のパリ

先日、図書館(!)で見つけて借りてきた「木村伊兵衛のパリ」
人のいない近くの工事現場の駐車場で
大音量で音源聴いて反省会しながら飽かず眺めてます。

1954-55年のパリ
写真から漂ってきそうな
排気ガスのにおいとか
日本にない色とか
いかにも美人って風じゃない人とか
聞こえてくる声とか
今ここじゃない場所に一瞬でワープです。一瞬だもん。
写真ってすごい。

銀座エルメスでの伊兵衛展もフロアに100枚くらいの写真が並び
それらに囲まれていられること自体がとってもうれしかった。
今知ったけどその時のエルメスのテーマは「エール・ドゥ・パリ(パリの空気)」だった。

なるほど。






さて、明日の柏『あきら展』オープニングパーティ
アコーディオンを持ってこいという指令が出まして
この際(まだ不十分ながら)ファーブルを弾いて気合を入れてみようと思っております。
お近くの方ぜひ遊びにいらしてください。
オープニングのお祝いにいろんな方の演奏がちょっとずつあるみたいです。
大野さんも再始動されたみたいで、よかったなー。

ギャラリーあきら『あきら展』
大野隆司・山口欧太郎・赤木悦子・柏瀬乃里子・山村アンジー・猪上絵理・中津川智子の7人展

■開催日時■
2010年3月6日(土)〜3月14日(日) AM11:00〜PM6:00(最終日PM4:00)
(8日(月)、11日(木)はお休み)
オープニングパーティー3月6日(土)PM5:00〜

■会場■
ギャラリーあきら
〒277-0862 千葉県柏市篠籠田1469
TEL・FAX 04-7148-1064(窓口 フォトサロンZOO)

■交通■
○JR・東武線 柏駅下車
○西口バス乗り場2番「国立がんセンター」「柏の葉公園」など
 行き先はどれでも大丈夫(片道170円)
○下車は三間(さんげん)、バス乗車時間は約7分
○進行方向へ徒歩3分

posted by イワキリエコ | 08:03 | ふれたもの | comments(2) | - |
マーク・ロスコ展

年上のお友達と佐倉の川村記念美術館へ
マ−ク・ロスコ(1903-1970)が心から実現を願った
大きな「シーグラム壁画」だけで満たされた空間
当初飾ろうとした場所では
その配置も照明も彼が全て決めたのだとか
そうしてやっと空間が動き出す

 (美術館HPより)

「古代の遺跡にも似たその圧倒的な存在に包まれて、自身を省み、
心を彷徨わせ、瞑想にひたる」

15点の大きな作品に囲まれて、
まとわりつく強いものに委ねると
湧いてくる力強いリズムが聞こえてくるようでした。
自分の体の深いところに響いて、だんだんへんに気持ちよくなっていくんです。
今ちょうど弾き込んでいる曲が重なってきて体の中で雄大に流れていました。
あれがそのまま弾けたらすごいことだ(笑)

「If people want sacred experiences they will find them here.
 If people want profane experiences they'll find them too.
 I take no side.   (Mark Rothko)」
みなさんが望むなら神聖な体験も世俗的な体験もここにあります。
わたしはどちらでもかまいません。

これは何か聞いたことがあるなあと思って
ハワイのネイチャーガイドのリチャードが言っていたことを思い出しました。
「ビーチが好きでも、買い物が好きでも、ただのんびりするだけでも
理由はなんでもよいのです。
ハワイに来てくれるということがたいへん大事なことです。
ここはエネルギーに溢れた場所、
僕の仕事はこの場所をみなさんにガイドするということです」


マーク・ロスコが徹底的にこだわったのは、
この空間そのものを作るということだったのだろうなあ。
絵はそれを構成するものだったのだろうと思いました。

川村記念美術館
「マーク・ロスコ 瞑想する絵画」展
好評につき6月11日(木)まで会期延長したらしいです。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html

posted by イワキリエコ | 07:20 | ふれたもの | comments(2) | - |
ワタリウムへ

先日、表参道で友人とランチのあと
ワタリウムへ島袋道浩さんの展覧会へ
http://www.watarium.co.jp/exhibition/index.html

笑った。

いろんな回り方がありましょうが、私たちは逆周りをして
4Fでフィッシュアンドチップスの映像を見、3Fでタコを見、屋上に行き
2Fでここではまったくやるつもりのなかったことをした。

そしてこれはベストの回り方じゃないかと互いに言い合いました。

最後に謎が解けるよな、そんな感じ。

彼の作品がアートというものなのかどうか
むつかしいことはさっぱりわかりません。
「タマネギオリオン」、「飛ぶ私」
(このタイトルで何を想像します?)
思いついたことをどこへ転がすか。

でも2Fにあった作品の
タイトル「わけのわからないものをどうやってひきうけるか?」
の音の中で
「やるつもりのなかったことをやってみる」
をあえて嬉々としてやってみたんだけど、
意外にも近くにいた見知らぬひとともちょっと一緒に盛り上がり
なんたってその行為そのものからも
確かにわくわくがじくじくとわきあがってきました。

思いがけないつっつきで思いがけなく動かされてみた。



友人と別れてブッククラブ回へ。
http://www.bookclubkai.jp/index.html

初めて行ったのだけど、くつろぎますね、ここ。
木の床に、精神世界系のセレクト本がずらり。
私の今の興味ど真ん中の方面網羅。
OSHOの本もたくさん。
お香がふわりと香って、
アンビエントな音楽が静かに流れております。
それぞれの本がかもし出す雰囲気か
重心が低いところにある感じが独特の落ち着き感を出すのか。
お客は私ひとり。
じっくり選んでください、と店員さん
椅子に座り込んで、贅沢に空間を独り占めして
ハワイの本を一冊選びました。


CDもたくさん視聴させてもらって
インディアンフルートのCoyote oldmanを買う。



タイトルの「Rainbird」は
ネイティブ・アメリカンの伝説「雨をもたらす鳥」の意味だそうです。
アサラジ族の笛がいさぎよいソロで吹き渡って行く風景、
なんともたっぷり。


夜、急に心がざわざわしてアコを弾きまくりました。

posted by イワキリエコ | 23:37 | ふれたもの | comments(2) | - |
『ストーカー』

前回日記ではみなさまどうもありがとうございました(ぺこり)
父ともどもとても喜んでおりますです。
ついでにいろいろCSSなどを編集しなおして(初めてでもできたぞ〜)
不評だった小さい字のコメントフォントが変更できました。

(ブログをスタートしようかなあと迷う父世代のみなさま。
 もしよろしければどうぞ一声かけてくださいませ。
 わかることならばなんでもお答えします!
 いや、まあどの世代でもかまいませんが・・・)



さて、本日は近辺で盛り上がっております
タルコフスキーの『ストーカー』鑑賞。

映像は絵画のように美しく
どのシーンを切りとっても音楽が聞こえてきそう。
いわゆる怖いものはひとつも出てこないのに、非常に怖い!!
ひやり、ひやり、ドッキン・・・
PCにつないだイヤホンから聴こえるさまざまな水音にまじって
自分のドキドキも聴こえるようでした。

チェルノブイリを予言したとも言われるこの映画
あの事故の6年前にできたそうです(1979)。
しかし古さはまったく感じません。
ゾーンと呼ばれる立入り禁止の場所に
生きがいを求めて命がけで進入する中年のふたりと
ストーカー(探求者)と呼ばれる案内役。

ゾーンに入るに至るそれぞれの追い込まれた状況と思惑。
目的地はそこに入れば希望の叶う部屋。
が、近道は叶わず、
同じ道は引き返せず、立ち止まることもできません。
ストーカーに身の危険を脅されつつ
はじめての道を命がけで一人ずつ
もうただただ無防備に歩いて行くしかない。
核心に近づくにつれ、誰しもどの道もそうなのか・・・

いろんな登場人物に語らせる思いが、光です。

>希望は叶うものだ
 信じてほしい
 情熱など頼りにならぬ
 大切なのは自分を信じること、
 子供のように無力となること、
 無力こそ偉大なのだ。


しかし、うーーん、しばらく夢に見そう・・・・どっしり。
しかしロシア語の響き、いいですねえ〜

posted by イワキリエコ | 23:11 | ふれたもの | comments(6) | - |
キンキョウ

贅沢にもずーっと本ばかり読んでました。
毎週図書館通い。
おかげで2キロほど肥えちまいました。
ちょっと忘れないように書いときます。


▲ロミロミで興味を持ったハワイ関連本
古代の神様や神話の話
中でも女優山口智子さんの『反省文 ハワイ』はオススメです。
ハワイを消費して、今やっと反省を込めて
ほんとうのハワイと向き合おうとする
同世代の彼女の思いのこもった本でした。

彼女の感覚にも共感しますし、
ハワイのものの捉え方にもとても共鳴します。
何年か前のハワイの不思議な出来事を
今頃紐解いているような気がしてます。

▲『クルド人のまち』はとてもゆっくり楽しみました。

▲音楽療法や音の響きの本
先生もおらず、音楽学校も行っていないわたしですので
いまさらながらお勉強しております。
ははーーとデコを叩くこと山のようにあります。

今読んでるのは『音楽の霊性(ピーター・バスティアン)』
この本何度めかしら。
やっとちょびっと理解できるようになってきたような(遅)
デンマーク人のピーターさん
巨匠チェリビダッケの愛弟子にして、過激なバスーン奏者、
王立音楽学校の教師にして、ヨーガの達人・・・。
彼の話の飛び方が、もうたまりません。
私的ど真ん中ストライクの本。

▲日本史入門講座、歳時記
日本固有の宗教は「和」だ、という本。
わたしも、まあ、そうですね「和」教信者ですが・・

俳句を詠んでいてもいつも思うけれど
「和」だけでなく日本にはよい風習やよい言葉がたくさんありますね。
季語をみるだけでも言葉からぱあっといろんな風景が広がって
まぎれもなくこの土地で育ってきたんだなあって思います。

▲身体術関連(下駄系)

でもま、結局のところ音楽に戻したいワケですからして。
アコで身体をうごかすしかないのでありました。


なまるな。動け。(自戒)
目指せ、通りのいい身体と心。

posted by イワキリエコ | 07:52 | ふれたもの | comments(2) | - |
『クルド人のまち』を10倍?楽しむ方法

さて、先日、神楽坂でのこと
松浦範子を取り囲む会」が決行されたのでした。
メンバーは建築・写真関連のかっこいいアラスィーのお歴々
(ご近所ブロガーさまたちとも言う)、
夕海ちゃんのパパ玉井さんmasaさんiGaさんaki隊長
そして、著者ノリちゃんとお付きのワタクシです。
玉井さんとmasaさんが
前回のノリちゃんの個展にいらしてくださって
その延長での会合でございました。

みなさん、席に着くとあたりまえのように松浦嬢の著書
『クルド人のまち』『クルディスタンを訪ねて』をささっと取り出し
次いで、ささっとiPhoneもしくはiBookを懐からひっぱり出された。
そして、あたりまえのようにGoogle Earthを立ち上げるのでありました。

気取らない雑談の合間に
さりげなく自然に「このパーヴェーって町はどのへんですかね」
質問がね、具体的なんですね。ええ。

恥ずかしながら、地図もない国イランを訪ねるノリちゃんの旅を、
私は初めて深く実感しました。
本の頭の大まかな地図は、読みながら何度も見返してはおりますが
それは、州名も州都も道もないのっぺらぼうの白地図です。
Google Earthで見る地図には、山があり、谷があり、川がある。
それも雪が残る山あり、はげ山あり、青い川の色あり。
広さや国境も意識します。

道なき道、崖っぷちの道という表現が急に胸に迫りました。
ちなみに本の中のパーヴェーという町
わたし、ただ今必死に探してみましたです。
まず、綴りからわかりませんです。
まず、車で2.3時間という表記からサナンダジを探す。
サナンダジみーっけ。ん、けっこう街。
コルディスタン州。クルディスタンだなあ〜

左のイラクとの国境の「猫の首の付け根」あたりに向かう道を辿る。

ん?ここじゃないかと。
35゜03’32.98” N 46゜14’18.40” E 
あたりにPavehという文字が!!
そして、パーヴェーの写真の町はこのあたりじゃないかと!!
35゜03’44.91” N 46゜14’25.48” E

くぅぉーーーーおおお!おもしろい!
(Google Earthをこれからダウンロードしたい方はこちらから!)

丁寧に手間をかけて、彼女の通った道を辿ると
さらにこの本の中にクルディスタンへの扉がたくさんあるのだと
やっとこさ思ったんでした。

さらに話はあちこちへ飛びまくり、音楽の話やら、食べ物の話やら
ストライクゾーンの広いみなさまのおかげで
私だけでは聞けない話をいろいろ聞かせていただいてお開き。
ああ、楽しくもたいへんにためになる時間でした。

帰ったら、話に出たクルディスタンダンスの
You TubeがPCに届いていました。
http://jp.youtube.com/watch?v=-3jvowQ9w6Q
http://jp.youtube.com/watch?v=ed11xfJWYFo&feature=related
これには最後の方になんとなくアコ風の音が聞こえるんですけど・・・

もういちど私PCの前で本読み直してみようっと。
PCで全てがわかった気になっちゃいけないけど
でも、、、ネットばんざーい!!


PS.次回会合開催の暁には
奈良方面からの参加も期待したいところですネ〜


関連記事 

松浦範子写真展
松浦範子 「クルド人のまち」遂に!!


松浦さんのブログができました。
連絡先、書評などがこちらにアップされています。
     

posted by イワキリエコ | 21:17 | ふれたもの | comments(8) | - |
松浦範子 「クルド人のまち」遂に!!

さて、朝日新聞読者のみなさま
昨日の朝刊一面をとくとご覧下さい。(2009.1.4)
え、とってらっしゃらない?
んでは、こちらを。



目線は右下へ。
え、よく読めない?
ではもうちょっとアップ、よいしょっと。



そうです!!
遂に遂に。できあがりました。



うひーん、うれしい。
待ってたよ、のりちゃん。

『クルド人のまち−イランに暮らす国なき民』 
松浦範子[文・写真]

彼女のことを書いたエントリーはいろんな人が読んでくださって
たくさんの反響をいただきました。
http://raku-rie.jugem.jp/?eid=211

彼女の文章を、写真を、行動を、知っていただけるということだけで
とてもうれしく、感謝です。




この本の、第2弾イラン編、でございます。

「クルド人のまち
ーイランに暮らす国なき民」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/Nrs/memo0812.html
のりちゃんのコメントも載っています。

わたしも明後日からやっと読み始められます。
たのしみ。

待ちきれない方、アマゾン購入はこちらからできますよ♪
(なんと「この商品を買った人はこんな商品も買っています」には、
これまた気のいい石田ゆうすけさんの本が。
なんだかみんなすごいぞ!嬉)


追記)

新刊本、以下の先行販売からすでに順次拡大されているそうです!!

・リブロ池袋店「地下1階=新刊・話題書コーナー」
・リブロ池袋店「3階=海外事情コーナー」
・紀伊國屋新宿南店(高島屋タイムズスクエア)「5階=海外事情コーナー」
・紀伊國屋新宿本店「3階=海外事情コーナー」
・あおい書店春日店(都営地下鉄・春日駅すぐ)

関連記事 
松浦範子写真展
『クルド人のまち』を10倍楽しむ方法

posted by イワキリエコ | 01:11 | ふれたもの | comments(12) | - |
Search this site