アコーディオン弾き 岩城里江子のブログです。
ライブ情報・プロフィールはリンクよりHP「らくん家」へどうぞおいでください。
<< 「音楽を楽しいものにしておきたい」 | TOP | マントさんとライブ >>
最近のこと

いろいろあってずっとコメント欄を閉めていたのですが

最近フォームを変えたらまた一部復活しておりまして

これを機に開けてみることにしました。気が向きましたら〜

(しかしあちこちいじったらサイドのコメント欄がどうしてか消えてしまった・・・)

 

さて、最近。

思いがけない場所やタイミングで会えた人達とお互いに種を撒きあっている感。

今までわからなかった誰かの美しさにはっとすることが多いです。

隠していたのか隠れていたのかわからないけど

みんなそれぞれの素晴らしさを

遠慮せずのびのびと発揮するだけでよいのだなと思う。

 

 

先日は、インフルで倒れたバイオリンの相方さんのピンチヒッターとして

デンガクズこたつさんの、重度障がいの方たちへのステージに急遽立たせてもらいました。

たくさんのお客さま。すこしざわざわしているホール。

と、冒頭の曲順を急遽変更して、こたつさんがオリジナルを数曲。

知らない曲。

聞き入る人。

そのうち一緒に声を出す人。

その不思議なシンクロ。

拍手。

 

通じた。

 

音を出しているけれど、やってることは音のことだけじゃないんだなと思う。

どちらかというと、そちらの方で響きあえる気がする。

あ、昨日、一曲youtubeに上げましたよ、と彼から連絡がありました。

 

 

その後、着付師の荒生さんのところへ。

荒生さんはずっと着物の仕事をしてきて、とにかく着物を愛している。

着物とのご縁の深いおうちでもあるそうだ。

そしてこの子たちに日の目をもう一度、とこつこつ集めた大事な着物たちをひろげ

今度のイベントで着る衣装を選んでくれた。

ためすためすためすためすためすかんがえるかんがえる

えらぶ!

しあげる!

まあ、これが。

当初の予定とはずいぶん変わって着地!

とっても素敵。

大正の着物をワンピースみたいに着ることになった。

先日晴着の着付けをしてもらった娘も言っていたけれど

荒生さんの着付けはまったく苦しくないのだ。

いちばんに着る人のためのうれしい着付け。

 

 

ここでもやっぱり着付けをしてもらって着付けだけでないものをいただく。

 

いただいて、なにかが少しだけ変化する。

 

posted by イワキリエコ | 09:44 | ステージ報告的な | comments(0) | - |
コメント
コメントする










Search this site