アコーディオン弾き 岩城里江子のブログです。
ライブ情報・プロフィールはリンクよりHP「らくん家」へどうぞおいでください。
<< 4月、5月の予定 | TOP | 長全寺 巡礼コンサート >>
弁栄上人がふるさとの風に吹かれて

地元に200年以上続くお遍路があるんだよ。面白いよ。と写真家の森さんの言葉に

初めてお大師送りを歩いたのが2012年のこと。

その道の医王寺で初めて知った「アコーディオンで布教された弁栄さん」。

それがご縁の始まりでした。


その後、そして時間を遡って幾筋も不思議にご縁がつながった弁栄上人は、

ただただ「南無阿弥陀仏のお念仏」以外なにもいらない、という究極のミニマリスト。

着物も食べ物も困っている人に全部あげてしまい、権威にも名を売ることにも興味なし。

全国へ歩いて布教に周り、でも書も音楽もマルチ。本当に自由にかるがると、

やるべきことに専念した凄いお方。


さて、時を経て、去年のイーグル137一周年コンサートの頃、

店主の染谷ファミリーが弁栄上人とご親戚ということで盛り上がり、

百周忌の今年、あれよあれよと実現した昨日のイベント。
我が家で眠っていた、いつかいただいた資料も、今回のイベントに

ファミリーで使命として取り組まれていた染谷家で目を覚ましたかのようで

とてもうれしかったです。私はお預かりしてたんだな。

 

地元鷲野谷ではじめて開かれた、というイベントは

やっぱりお天気にも恵まれ、大盛況でした。

 

手賀沼を見渡す丘の上のテラス。

鷲野谷とのご縁をカフェのあさみさんが話された後、菩提寺の医王寺八木ご住職の

南無阿弥陀仏の念仏とお話が響き、弁栄上人への憧れを熱く語る浜田さんのお話、

そして50年以上お大師送りを歩いて撮り続けていた森さんの

写真のお話とプレゼント大会で湧きました。

 

 

  

 

  

 

  

 

ステージでは医王寺から運ばれた弁栄聖者のお写真が、

故郷の鷲野谷の風に吹かれながらにこにこされていました。

 

私も、オープニングの今泉岐葉さんの書とのコラボ、それから子供たちを連れて

歩きながら弾いた逸話からアコーディオンで弁栄さんのご親戚のちびちゃんたちと行列、

お大師の曲は藤本くんの鉄琴と、

それから阿弥陀経を説いたという歌の伴奏を弾かせていただきました。

 

アコーディオンの音が手元ではなく遠くの風の中で鳴っているようで。

 

今年はいろいろな弁栄上人イベントがあちこちで開かれるようです。

ご興味が湧きましたらぜひ、足を運んでみられてくださいねー!
http://www.koumyoukai.jp/archives/event/kantou190511-13
http://www.bennei.net/…/wp-…/uploads/2018/07/行誡と弁栄展チラシHP.pdf

posted by イワキリエコ | 21:42 | ステージ報告的な | - | - |
Search this site