アコーディオン弾き 岩城里江子のブログです。
ライブ情報・プロフィールはリンクよりHP「らくん家」へどうぞおいでください。
マリアさまの繋いだ奇跡のご縁
先日の閏日には友人たちと、
武実逢人さんの『奇跡のマリア展』で表参道ペリーハウスギャラリーへ。
今回はフランス、イタリア、ポルトガルのマリア様の写真展です。
日の差し込む真っ白なギャラリーには途切れる事ない来訪者、
プロデュースもされてるご縁の結び手、恭子さんがにこにこお出迎え。
マリア像のほほえみとよい香りの中、
会場奥まるほどにしっとりしたくつろぎが濃くなって、
写真の前でつい手を合わせてしまう。

神々しく、しかも会場あちこちで偶然の出会いや再会が多かった故に
「マリア聖堂」とも呼ばれていた、一昨年暮れの溝ノ口のマリア写真展で、
たまたま持ってたアコ弾いたからなのかなんなのか、
去年は、行く予定もなかったバルセロナに春に行けることになり
磔のキリスト様の復活祭行列にばったり遭遇したり、
秋にはもうお会いできないだろうと思っていたシスター渡辺に
母校で演奏させていただく機会をいただいたり
急に教会ともご縁が深くなったような一年でした。

バルセロナの後に行ったパリでは、
待ち合わせしていた撮影中の恭子さん武実さんご夫妻とどうしても会えず、
その代わりのように、宿の近所に住むアコーディオン弾きのりえちゃんが
スーパーでバッタリ会って連れてきてくれて在パリの陶芸家みっちゃんとご飯を食べました。
みっちゃんは今、日本に帰省していてマリア展の会場で一緒にお喋り。
そうそうりえちゃんちではみっちゃんと共通のお友達の
イラストレーターのなみちゃんとつぐちゃんの話題で盛り上がったんだった。
そのなみちゃんも一緒に会場でおしゃべり。
何が何やらご縁はつながる、ぐるぐるぐるぐる。

一緒にいった楽香のきょうちゃんのおとうさんと、恭子さんのおとうさんは元同僚。
これもある日ぽろりと判明。

会場では紹介された方が
大野さんの関係で10年以上前に知り合った大道芸の源吾郎さんと判明し
のりちゃんやきょうちゃんとこれまたビックリ!

マリア様、すごいわ^^


さて週末はみっちゃんや、
みっちゃんをパリのりえちゃんと繋いだコクリコさんたちの展覧会で楽香ライブです。
素敵なお店みたいでとっても楽しみ。
作品も品揃えばっちりのオープニングライブですから。
森ノ奥深ク、というタイトルに誘発されて
楽香も新しい作品を作りました。曲も書いてます。

バブーシュカ(下北沢)
『Au fond de la foret〜森ノ奥深ク』
四人展ライブ
14時より 1drink付2000円
お申し込みtel. 03-3412-7277

posted by イワキリエコ | 23:55 | くらしのこと | comments(0) | - |
楽香なんとか復活!

先日、楽香で毎年呼んでいただいている百合丘こども文化センターへ。
毎年の手作り看板!いつも見るとニヤニヤしちゃう。

今回、結石手術&インフル明けのきょうちゃん、ぎりぎりまで体調見ながらの参加決定、
岩城は突発性難聴完治せずで耳栓しながら演奏とそれぞれヨレヨレ。

しかしいったんライブが始まれば、二人の中になぜか無尽蔵に湧き出すハイテンション。
「きょうちゃんはおなかに石ができちゃってねえー!取ったんだよ。大人だって痛いしこわいんだぞー」
と初めのトークから子どもを脅す、いや熱く訴えるきょうちゃんに子供たちビビリながら食いつく。

「バスに乗って」も長い難しい話なのに、しっかり聞き入ってくれる子供たち。
おかあさんが膝に乗る子どもをぎゅっと抱く。ぎゅっとなる。

そのあとわたしも子供たちの輪の中に入り込み、一緒に音を出したり演奏したり。
小さい子が逡巡の後におそるおそる手を伸ばしてきたりすると
胸で小さくガッツポーズ。
音が出ると目がぱちっと見開き、うわあってびっくりが顔に出る。
もう、かわいいったら。

そして今回は、
みんなに色とりどりの小さな紙飛行機も折ってもらいました。
曲の最後、きょうちゃんの合図でみんなにステージに向って飛ばしてもらったら
ピンクや青や緑の紙飛行機がいっせいにこちらにむかって飛んできて
予想以上に綺麗で、そのむこうにうれしそうなみんなの顔も見えて、
うわあっとちょっと感動してしまった。役得だ〜


控え室でお茶を飲んでいてふと顔を上げると
きょうちゃんのだんなさま、みっちゃんが本を開いていて
きょうちゃんは見本の紙飛行機を一生懸命折っていて
その向こうの窓から見える青空がまぶしかった。

元気と勢いが取り柄の楽香もいろいろガタピシするお年頃。

呼んでいただいた場所で、二人並んでお話を物語り音語れること、
それはぜんぜんあたりまえなんかじゃないんだなあと今回つくづく思ったのでした。
いつまでふたり楽香できるのかな。
できるならゆっくりずっと。
 

さて、復活楽香
これからいくつかステージ続きます。
2月28日、柏ハックルベリーブックスイベント
3月6日、 下北沢パブーシュカ 楽香ライブ
詳細はこちらへ。

http://rakurie.wix.com/raku-house
http://raku-rie.jugem.jp/?eid=1037
この気持ち忘れず大切にやらせていただきます。
posted by イワキリエコ | 08:56 | くらしのこと | comments(0) | - |
おかえり
柏の街では、昔何度か参加した事のある「流」というイベントがあります。
マップを持ったミュージシャンがお店をまわり、そこにいるひとに即興ライブするという
いわゆる流し、であります。
しかし、楽器の運搬しながらの演奏はけっこうたいへん。
てことがあるのかないのか、
その仕掛人たちがここ一年ほど新しく始めた、
逆にお店を固定して、
1時間ごとにいろんなミュージシャンが演奏する、という
「風」というイベントが、今週ただいままさに進行中であります。
https://www.facebook.com/events/822995941156188/
素晴らしいミュージシャンが入れ替わり立ち替わりの投げ銭ライブ。

その一日めに、先だってうちにはじめて遊びにきてくれて
一緒におとあそびしたシンガーの智子さんと
「うたかたん」(うたかた+(アコーディオ)ン)という即席ユニットで
ひさしぶりに夜のライブしてきました。
会場のBar Bambooという素敵なバーは
壁も床も木でとてもよい響き。
弾いていて場と自分の境界がふわっとにじんでくる感じ。

ナーディスの常連さんたちや、
私の大好きな久々のシンガーさんたち
音と心が下心なく響き合ってる実感があって
なんていうか、柏の夜に帰ってきた感じがしました。

ただいま。


さて今回、私の耳を心配して、PAなしで歌ってくれた智子さんの歌は
昭和やもっと古い時代を引っ張ってくるような、
あるいはこちらをそこに連れて行ってくれるような声。

そして私の「おかえり」という曲にも詩を付けてくれました。
真夜中するする降りてきたらしい。
そういえば曲もまた、白馬の古民宿の広い座敷に泊まった夜、
ここで数限りないおかえりが繰り返されたのだろうなあと思った時に
ぱっとできたのだったなあ。


おかえり
             詞:柳田智子

   軒先にサンダル立てかけて
   風を通すのがあなたのクセ
   迎えはいらない、と言ったから
   タイムマシンに乗ったみたい
   薄日に煙る金木犀も
   いびつなまんまのガードレールも
   あなたと歩いた日と同じにおい
   いつも側にいてくれてありがとう
   凍りつく雪の朝も風が吹く日も
   あなたのほほえみがそこにある
   おかえり、とあなたの声がする
   サンダルそのままにしておいて・・・

本日の夕焼け
posted by イワキリエコ | 23:49 | くらしのこと | comments(0) | - |
IKAFLY LIVE
マリンバとパーカッションのユニット『イカフライ』の
藤本亮平CD発売記念ライブにゲストで呼んでもらった。
組み立てが終ってるはずの11時に会場のスタジオウーに着くと、
なぜかリハ真っ最中のはずのメンバー二人が
ビルの入り口で業者らしいおじさんたちに捕まっている。

なんでも二人は搬入中、
停まってしまったエレベータに閉じ込められ、

その間にも、救出後も
メンバーがマリンバ2台、パーカッションセットにドラムセット、
推定超300キロをあの紅い小さな螺旋階段で
えっこらえっこら5階のライブハウスまで運んだところであった。
エレベーターはまだ一階で調整中。
結局エレベーターの中のものも手で上に運ばれたらしい。
(ということでおじさんたちに事情聴取され中であった)


まだホールの床にパーツがぎっちり並んでいたが、
車を停め、買出しして戻った11時半前には
全てが超速で組み立てられて、
そこから超特急セッティング+リハ。

なんと12時半には開場、
13時には開演というタイトなスケジュール。

でもリハも控え室でも笑いが絶えない彼ら、タフだわー!


まだ復旧せず、螺旋階段を上ってこられた
70名を越える満員のお客さまも空中に長蛇の列。

暖かい日でよかった。

イカフライももう7年めということで、
マリンバの音が曲ごとに違う編成で
それぞれの人ならではの音やタッチの質感と美しいアレンジで響き合い、
的確なパーカスで膨らんで
ほんとに素晴らしかった。
MC最高。
いやー好みのラインナップ!
マリンバ二台とジェンベの入った拙曲「水脈」からも水がしたたってた。
汗っかきの藤本君は超熱演で鍵盤に汗がしたたってた(笑)
最後は歌も入って楽しさと笑いが波みたいに拡がった。

いやー打楽器の治療パワーすごいね!
リズムの海の中、蛇腹で漂わせてもらってから一夜明け、
なんだか滝に打たれたかのよな爽快感。


楽しい打ち上げ


さて、こちらが藤本君の新しいミニアルバム。パッケージもかわいい。
CDの中の文章、ちょっと楽しくお手伝いさせてもらいました。
イカフライあり、サックストリオあり、
マリンバデュオあり、ソロあり
あ!アコーディオンとのデュオもねw
とにかく表情豊かな素敵なアルバムです。
詳細は藤本君またはご近所の岩城までお問い合わせくださいー。(言づてします)
4/23(土)には、流山の平左衛門で
マリンバふたりとアコーディオンでの全曲ライブも予定されております。 
こちらもずずいと!


藤本亮平 / Marinba Forest  税込1500円(お買い得!) 

 
posted by イワキリエコ | 17:01 | くらしのこと | comments(0) | - |
春までのライブ情報
なんだかすっかり日差しが春!
昨日いただいた人参ちゃんたちがもーーそれぞれかわいい色で。
野菜の色どれにも強い抗酸化力があってがんも老化も遠ざけてくれるらしいですよ。


そんなこんなでこの頃うずうずしてまいりまして
また己のペースでライブなど再開しようかなあと思ってます〜
昨日HPも更新いたしました。
(ガラケーでは開けないようなのでこちらにもアップしておきますね。)
詳細はHPへ。http://rakurie.wix.com/raku-house#!live/c9a0
(またはお問い合わせくださいませー!raku_rie@yahoo.co.jp)

2月
11日(木・祝)
●マリンバとパーカッションの愉快なユニットイカフライのゲストで。
ピアニスト林さんのソたち、楽し過ぎ。
IKAFLY(イカフライ)
@柏スタジオウー
13時より 予約/2000円(別途1drinkオーダー)
 
13日(土)
●今年も呼んでいただきました百合丘。子供たちの目がキラキラしてるんだよな。
楽香
@百合丘子ども文化センター
14時より 無料
 
15日(月)
●遊びに来た智子さんの和な声に急遽盛り上がって「風」イベント参加決定。
うたかたん
柳田智子 うた
@柏バンブー 「風」
21時頃より 投げ銭
 
28日(日)
●華道家戸祭瑞香子さんと生徒さんたちの「絵本いけばな」の展覧会で絵本読みます楽香!
楽香
@柏ハックルベリーブックス
『絵本といけばなの世界展』パフォーマンス
14時より 無料
 
3月
6日(日)
●楽香がいつも気に入って付けているアクセ小物作家さんコクリコさんと、
パリで出会って仲良くなったみちよさんたちの展覧会で楽香ライブ。出会いは不思議。
楽香
@下北沢バブーシュカ
『Au fond de la foret』四人展ライブ
14時より 1drink付2000円
 
12日(土)
●2年前にギャラリーライブで出会った永吉香里さんや、ダンス公演で出会った
和紙づかいのやまもとかずひささんたちとのチャリティライブ。3.11の翌日。心込めて。
ソロ
@Art Connect Yokohama Gallery
「夢を形に展」ライブ
14時半〜、18時〜 1drink 1dish付 2000円

追加
19日(土)
●アコーディオンを始める前のこと、
ワタクシ巨大ママさんネットワーク「BBB」なるものに在籍しておりまして、
そこで一緒に熱く活動していた仲間が夢だったcafeをオープン!
ってことでライブをさそってもらいました。
その時よちよちだった息子さんが
今回チェロで共演してくれるという事で超超楽しみです♡。
@kuutamo(中村橋)
岩城里江子ソロライブ
19時〜
2000円(アルコール1杯付)
音楽の前に腹ごしらえしたい方は
特製プレート(1300円)のご用意があります。
 
4月
追加
2日 大阪箕面にて人形劇ラクマーヤの「水脈」予定です。また詳細アップします。

23日(土)
●マリンバ藤本亮平CD発売ライブ
@ギャラリー平左衛門(流山)
詳細未定
posted by イワキリエコ | 10:48 | くらしのこと | comments(0) | - |
バンドネオン 2
年明けの本番が二つ終って、
しばらくアコーディオンの本番がお休みなので
仕舞っていたバンドネオンを取り出した。
時間があれば弾いている。

弾き慣れたアコーディオンと違うのは
とにかくシステマティックでないこと。

ボタンの並びはバラバラ(規則性がまるでない)
蛇腹の押し弾きで音が変わること(私のアコーディオンは押し引きどちらも同じ音)
左手側のボタンがほぼ3オクターブあること
(アコーディオンの左手音域は1オクターブ、それに2/3はコードボタンで配列が規則的)

アコーディオンも呼吸しながら音を出すから人間臭くて好きなんだけど
予測のつかない自分自身のように、こちらさらに人間臭い。

去年の発表会は
弾けるようになった短い単純なメロディに
左手の小さな範囲のボタンを探って
単純なコードを組み合わせることで凌いだけれど
今年は、いただいたバンドネオン用のタンゴの楽譜をひとつ
ボタン配列表と並べて置いて
http://www.inorg.chem.ethz.ch/tango/pic/pdf/AA_142.pdf
頭から無理くり格闘している。
やめときゃいいのに「これが弾きたい」と
憧れのMederosさんアレンジのややこしい曲を選んでしまった。
去年のラクマーヤ「水脈」の舞台でアコーディオンで弾いた「思いの届く日」。
思い出のある大好きな曲。

ボタンを押さえられる指使いとフォームを探す。
蛇腹の押し引きに沿って楽譜に指番号を振っていく。
指がつりそうになりながらボタンを探して空気を送ると味わった事のない和音が響く(うっとり)。
一度手を離すとまたイチからやり直しだ。
繰り返す。
頭の中で配列表と指を一致させる。
ほんの少しだけボタンを早く見つけられるようになる。
片手でやって、次は両手で合致させる。
これが合体しないんだなあ(笑。

むかし誰かが、
「バンドネオンは左手で(運指の)地図が描けるようにならないと弾けない」
って言ってたな。ほんとに宝探しの地図みたい。
弾けるようになった曲が宝だなー。

うまくいかなくてうんうん言いながら
たまにスムーズに音が流れると泣きそうなくらいうれしい。
じっくり、じっくり。

 
posted by イワキリエコ | 07:25 | くらしのこと | comments(0) | - |
新年から
三が日は新年早々おめでたい二つの場所で弾き初めしてきました。

二日は柏そごうのダブルデッキの入口で楽書家の岐葉さんと
ライブパフォーマンス。
古くからの友人で今は「楽」書家を名乗る彼女と
「らくちゃん」ってあだ名の私との
楽楽コンビでお送りしました。

リベルタンゴに合わせて「情熱」
越天楽〜サリーガーデン〜セシボンで「光春楽楽」(ふふ)
ソロで「阿佐ヶ谷団地」

音に誘われ、そして書の迫力でたくさん足を止めてくださり
ありがとうございました。
CDも完売☆ありがとうございました!





翌三日は我孫子の香取神社で楽香ライブ。
ライブの前には、3人の少女たちがずっと練習していた浦安の舞を舞うということで
楽しみに出かけました。
みんな、ブラボー!

数年前までは、お正月も静かだったこの神社、
「オキクルミ」という地元のグループがお掃除やら朝市やらお話会やらのイベントされて
どんどん綺麗に賑やかになってきました。
この巫女舞も大人たちの愛ある指導の元、たくさんたくさん稽古して大成功。
素晴らしいな。
境内の社務所では「サル展」も開催中で
さまざまな猿達に囲まれて私たちもライブさせてもらいました。
はじめての「いも正月」〜「サワリゴエ」そして「何でもない一日」
途中、オキクルミメンバーと楽香とのセッションもあり
これまたもりあがって。
遠くからのお客さまも駆けつけてくださって本当にありがとうございました。

帰り道、手賀沼の夕焼け綺麗でした。
いただいてきたお供えの鏡餅(デカいみかんちっちゃ)、横にあるのはクリスマスご一緒した加寿子さんにいただいた猿札!
そして、わが家のしめ縄の下で笑門楽香!



笑う門には〜♡

今年もよろしくお願いしますー!
 
posted by イワキリエコ | 00:15 | くらしのこと | comments(0) | - |
あけましておめでとうございます!


笑門来福

あけましておめでとうございます。
今年も変わらず蛇腹も心も開いて
やってくるご縁とたくさん笑って過ごしていきたいと思います。
行き先知れぬ旅に出るようなわくわくする気持ちで。

元旦の光はとても綺麗でした。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by イワキリエコ | 22:38 | くらしのこと | comments(0) | - |
2015ありがとうございました
もう少しで今年も終わりですね。
どんな一年でしたか?

去年末からめずらしく体調いまひとつの状態だった私は
からだのことに本腰入れて手を入れ調子を整えつつ活動していたら
年末には思いがけないところに流れ着いてた、という感じの一年になりました。
おそるべしですね。さっきiPhoneの一年分の写真を見直してビックリ。
いろんなことがありすぎて。

あちこちにいきました。
バルセロナ、パリから始まって
岩手〜仙台〜福島、岡山、新潟、福島、楽器もって。
特に後半は南米と関わりが増えてきて
ちょっと興味を持ったスペイン語入門を紐解いておりますw
YouTubeでちょっと勉強していたら、先生まで現れてくれました。嬉。どうなることやら。

ダンスカンパニーDeux、
朗読者in KAWAGUCHI、
Ensalada del flamenco公演
inochi2015のラクマーヤ『水脈』etc・・・
ふだんのユニット活動を少し休み、
大きな公演に関わらせていただいたり
クラシック畑の仲間との共演を多くいただいたりして
その中で新たに思えた事もいろいろありました。

関わる方たちの思いをきちんと尊重しつつ、
わたしの魂ももっと丁寧に扱おうと思いました。
それが相手を尊重する事でもあるのだなあと。
そしてそのあともしそれがうまく伝わらなくても
なんとかしてわかってもらおう、という気持ちも、もはやいらないのかも。
思いを尽くしたら、もうおまかせしかないのかもしれませんね。

私を通して楽器もいったりきたりしました。
まずは知り合いの画家の押し入れで長い事眠っていた一台のバンドネオンがわが家に。
その代わりに(というか)アコーディオンを弾いてみたい、という方たちが
押し入れで黙りこんでいたアコーディオン達を次々外に連れ出してくれました。
パリのりえちゃんから託されたアコーディオンも生徒さんのところへ。
今それぞれの場所で、楽しそうに音を奏でているのがうれしいことです。
楽器も技術もどんどんみんなで循環させていくのがいいね。
私にできる事はなんでもお伝えしますぞ〜
お教室も来年はもっとちゃんとやっていこうと思います。

バンドネオンのゆかいで新たな仲間も増え、
小川紀美代さんに御指南いただけることになったのもありがたいことです。
学ぶ楽しみがわくわくとひろがっています。

あ!そういえば、9月にはNHKラジオにも出させていただいたんだった。
面白い経験でした〜^^

将来、2015を振り返ったら、曲がり角の一年だったと思うのだろうなあ。

来年はどこへ行くのでしょうね。わからないからおもしろいですね。
共演してくださったり、呼んでくださったり、聞きに来てくださったり、
教わったり、教えてくださったり、語らったり、旅したり、
今年関わってくださった大好きなみなさま、本当にどうもありがとうございました。
どうぞよい年をお迎えくださいね。
来年もどうぞよろしくお願いします。

posted by イワキリエコ | 23:38 | くらしのこと | comments(0) | - |
12月のいろいろ
友達が泊まりに来たり
耳の治療したり
演奏旅があったり
タフな12月でした。
お世話になったみなさま
一緒に音を感じてくださったみなさま
ほんとうにありがとうございました。


北総病院クリスマスコンサート ここの院内学級の先生の藤本亮平さんのパーカッションとサックスの宍戸陽子さんと。
去年に引き続き子供たちの病室を回りました。ついついからだが動いてしまう子供たち、かわいい。


イルフィオレットさんで。オーナーのお花はいつもシックで美しい。 右は去年に引き続きの「柏演劇祭」リハの楽香。

すばらしいお宿、福島の「おとぎの宿 米屋さん」クリスマスコンサート
舞踏の開座でご一緒して以来の竹林和寿子さんの歌が美しく響き、秋山暁子さんのピアノからは風景が見えました。

宍戸さんと我孫子香取神社 と もうすぐ壊されてしまうKAFにて。元鉄工場だけあって、本当に響きのよい楽器のような場所

松戸のギャラリー宇にて。特別ゲストにとものちゃんの歌。二部はサックスの宍戸さんと。一段と倍音の増えた音に一同うっとり。


ラストは今年一番よく通った近所のカフェペジーブルさん。たーっぷりのパンとデリ、デザート秀逸でした。
藤本君がカホンもって来てくれて、つたないバンドネオンにも急遽飛び入り、拍手喝采☆


来年は、2日11時、13時から柏そごうの2階特設会場で書の今泉岐葉さんとの新春パフォーマンス。
3日14時からは我孫子の香取神社にて楽香の新春ライブ。
http://rakurie.wix.com/raku-house#!live/c9a0

そのあとはしばらくゆっくりバンドネオンモード突入します。

 
posted by イワキリエコ | 12:39 | くらしのこと | comments(0) | - |
Search this site